【血統で競馬予想】2019年ステイヤーズステークス1週間前予想

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

11月30日に中山競馬場の芝3600mを舞台に行われるJRAの平地最長レースG2ステイヤーズステークスを予想していきます。

今年の出走予定馬の中で、この条件が得意な馬はどの馬なのでしょうか?早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

ステイヤーズステークス登録馬

馬面長伊奈 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=45520781による

馬名性齢重量騎手厩舎
アルバート牡856マーフィー橋口
エイシンクリック牡556坂口
オジュウチョウサン牡856Mデムーロ和田郎
サンシロウ牡556勝浦柄崎
チェスナットコート牡556坂井矢作
ネイチャーレット牡656野中根本
ベイビーステップ牡556大野菊川
メイショウテンゲン牡355池添池添兼
モンドインテロ牡756ビュイック手塚
ララエクラテール牡756石橋脩今野
リッジマン牡657蛯名庄野
レイホーロマンス牝654橋田
ヴァントシルム牡556田辺須貝

1週前の段階で、このレースで3連覇を遂げているアルバートを始めとする13頭が登録しています。

ステイヤーズステークスで血統的に有利なのは?

ステイヤーズステークスの舞台となる中山競馬場の芝3600mの血統分析については、こちらの記事で紹介しています。

ステイヤーズステークスの舞台、中山競馬場の芝3600mは平地最長距離

この記事でも取り上げている部分を中心に、血統的に魅力のある馬を探ってみます。

ノーザンダンサーのクロスを持つ馬

過去10年の3着以内の馬のうち、2/3がノーザンダンサーのクロスを持っている。

今年の出走予定馬

  • アルバート(4 x 5 x 4)
  • エイシンクリック(ノーザンテーストの4 x 3)
  • サンシロウ(4 x 5)
  • ベイビーステップ(5 x 5)
  • メイショウテンゲン(5 x 5 x 4)
  • リッジマン(5 x 4)
  • レイホーロマンス(5 x 5 x 5)

トニービンの血を持つ馬

過去10年でトニービンの血を持つ馬が、7度馬券圏内に入っている。

今年の出走予定馬

  • アルバート
  • エイシンクリック
  • チェスナットコート
  • ヴァントシルム

ロイヤルサッシュの血を持つ馬

名牝ロイヤルサッシュの血を引く馬。

今年の出走予定馬

  • オジュウチョウサン
  • ララエクラテール

ネイチャーレットとモンドインテロを除く、11頭がどれかに当てはまるという結果になりました。続いては、血統以外の要素を見てみます。

ステイヤーズステークスはキャリアが重要なレース?

2012年のステイヤーズステークスでは、トウカイトリックが10歳にして優勝するなど、高齢馬が強い印象もあるレースですが、実際のところはどうなのでしょうか?

過去10年のステイヤーズステークスで馬券圏内に入った回数を年齢別にまとめてみました。

  • 3歳…3回
  • 4歳…7回
  • 5歳…6回
  • 6歳…6回
  • 7歳…3回
  • 8歳以上…5回

8歳以上の活躍が目立ちますが、トウカイトリックが9歳~11歳にかけて3年連続で3着以内に入っているので、実際には3頭となります。

年齢が上がるほど、現役馬の数も少なくなるので、年齢を理由に割り引く必要がないレースと言えそうです。

2019年ステイヤーズステークス予想

以上の点を踏まえて、今年のステイヤーズステークスの予想です。

◎サンシロウ

〇リッジマン

▲オジュウチョウサン

△アルバート

△メイショウテンゲン

頭数が少ないので、印を5頭にしてみました。

◎サンシロウ

サンシロウはノーザンダンサーのクロスを持つ馬。さらに父のネオユニヴァース産駒では、デスペラードがこのレースを連覇しているので、2勝クラスの馬ながら、このコースの適性が高いと見ました。

出遅れ癖がありますが、この距離ならば少しぐらいの出負けなら、十分に巻き返すチャンスがあるでしょう。

気になるのは、今年すでに10戦しているという点。重賞の連戦では無いので、気にする必要がないかもしれませんが、当日の気配には注意したいとこです。

〇リッジマン

昨年の覇者リッジマンもノーザンダンサーのクロスを持つ馬。昨年のこのレース以降はG1とG2に参戦していて、着順は悪いもののリピーターの多いレースなので軽視は禁物。

秋のローテーションも、このレースを目標にしているように見えるので、厚い印が賢明でしょう。

▲オジュウチョウサン

障害のレジェンドホースと呼べるオジュウチョウサン。こちらは、ステイゴールドを通じて名牝ロイヤルサッシュの血を引いています。

この秋に参戦している平地競走の成績は案外ですが、現役屈指のスタミナを誇るのは紛れもない事実。JG1を何度も勝利している中山の長丁場なので、軽視は禁物です。

△アルバート

2015年~2017年のこのレースを3連覇しているアルバート。ノーザンダンサーのクロス+トニービンの血と、このレースにぴったりな血を持っています。

人気も集めそうですし、もっと厚い印でも良いような気もしますが、近走の成績とローテーション、テン乗り、転厩している点を考えると、信頼しきれない部分が多いのも事実。

△メイショウテンゲン

唯一の3歳馬メイショウテンゲン。こちらもノーザンダンサーのクロスを持っています。

父ディープインパクトの産駒は、このレースで勝利こそ無いものの、過去10年で3頭の馬で6度の2着3着が有ります。

4走続けて2桁着順という所が気になるものの、血統的には大駆けがあっても不思議がない1頭でしょう。

 

といった所が、今年のステイヤーズステークスの見解です。

王道路線では、少し足りない馬ばかりなので、どの馬も一長一短というのが否めないので、当日の馬体重や雰囲気を見極めながら、ボックスで手広く行こうかと考えています。

タイトルとURLをコピーしました