カペラステークスの舞台、中山ダート1200は短距離G1馬の産駒

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

G3カペラステークスが行われる中山競馬場のダート1200m。重賞が行われるのは、年に1度だけですが、施行されるレースが多いので、傾向を把握しておくて回収率アップに繋がりそうなコースです。

2016年から2019年秋開催までに行われた、中山ダート1200m戦のうち、3勝クラス以上の全38レースの中から、相性の良い血統を探してみます。

スポンサーリンク

中山ダート1200で勝利数の多い種牡馬

Cake6 (talk) – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10393688による

集計した38レースの中で、このコースで2勝挙げた種牡馬は7頭いました。

  • ゴールドアリュール
  • ファスリエフ
  • カジノドライブ
  • ショウナンカンプ
  • スクリーンヒーロー*
  • ワークフォース*
  • クロフネ*
  • キングヘイロー*
    *同一産駒が2勝

3勝以上挙げた種牡馬はなく、2勝した種牡馬が最多という結果でした。ダートかつ中央でのG1が設定されていない距離ということから、種牡馬だけでは選びにくいコースと言えるかもしれません。

強いて挙げるなら、スプリントG1(芝・ダート問わず)に勝利している馬の産駒が12勝を挙げている点に注目です。

中山ダート1200で注目の血統

中山競馬場のダート1200mは、父だけでは得意な血統が判断し辛いので、系統やクロスから相性の良さそうな血統を見てみます。

ヴァイスリージェントの血を持つ馬

中山競馬場のダート1200mの上級戦の勝ち馬34頭中、11頭がヴァイスリージェントの血を持っていた。

  • ゴールドクイーン
  • レッドアネラ
  • アシャカダイキ
  • シャンヴィットゥ
  • コパノキッキング
  • ディオスコリダー
  • ショコラブラン
  • ナンチンノン
  • レッドゲルニカ
  • ノボバカラ
  • ワイドエクセレント

⇒クロフネ、カジノドライブ、カネヒキリ辺りの血を持つ馬に注目

ダンジグの血を持つ馬

中山競馬場のダート1200mの上級戦の勝ち馬34頭中、9頭がダンチヒの血を持っていた。

  • ブラックジョー
  • ホウショウナウ
  • クイーンズテソーロ
  • ウインオスカー
  • ベック
  • ナンチンノン
  • アールプロセス
  • ノボバカラ
  • ブルドッグボス

ヌレイエフの血を持つ馬

中山競馬場のダート1200mの上級戦の勝ち馬34頭中、7頭がヌレイエフの血を持っていた。

  • レッドアネラ
  • シャカダイキ
  • シュウジ
  • ホウショウナウ
  • シャインヴィットゥ
  • コパノマイケル
  • ヒカリブランデー

⇒スマートファルコンなど、ゴールドアリュールから派生した種牡馬やキングマンボ系が当てはまる。

ロベルトの血を持つ馬

中山競馬場のダート1200mの上級戦の勝ち馬34頭中、7頭がロベルトの血を持っていた。

  • アシャカダイキ
  • シュウジ
  • コパノキッキング
  • ウインオスカー
  • コパノマイケル
  • エイシンヴァラー
  • モルジアナ

⇒内国産なら、グラスワンダーやシンボリクリスエスを介した馬に注目。

中山ダート1200コースの特徴

中山競馬場のダート1200mのスタート地点は2コーナー奥のポケット地点で、芝となります。芝の部分は外枠の方が長いため、外枠の方がスタートダッシュを決めやすいコースと言えます。

芝スタート+残り500m付近まで下りなので、テンが速くなりやすい傾向もあります。

残り200m過ぎからは、中山名物の急坂が待ち構えているので、展開の見極めがポイントとなりそうです。

まとめ

今回は、カペラステークスが行われる中山競馬場のダート1200mコースに強い血統を探ってみました。

  • スプリントG1に勝利している種牡馬の産駒
  • ヴァイスリージェントの血を持つ馬
  • ダンジグorヌレイエフorロベルトの血を持つ馬

この辺りが、中山ダート1200mに強い血統と言えそうです。現時点では上級戦で勝ち馬が出ていませんが、ロードカナロア産駒が出てくるとマッチしそうなコースです。

タイトルとURLをコピーしました