過去5年の有馬記念から好走馬の血統をチェックしてみる

コース相性
スポンサーリンク

年末の風物詩・有馬記念が今年も近づいてきています。このレースを取れば、不思議と1年の負けのすべてを取り返した気になれる総決算のグランプリ。

過去5年の有馬記念で馬券に絡んだ馬から、グランプリ向けの血統を探ってみました。

過去5年の有馬記念の結果

まずは、過去5年の有馬記念のレース結果を見てみます。

2018年有馬記念

2018 有馬記念



馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り
1 4 8 ブラストワンピース 牡3 55 池添 2:32.2 6-6-7-4 35.7 3
2 6 12 レイデオロ 牡4 57 ルメール クビ 9-9-9-8 35.4 1
3 8 15 シュヴァルグラン 牡6 57 ボウマン 1.1/4 13-11-11-10 35.5 9

2017年有馬記念

2017 有馬記念



馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り
1 1 2 キタサンブラック 牡5 57 2:33.6 1-1-1-1 35.2 1
2 2 3 クイーンズリング 牝5 55 ルメール 1.1/2 4-5-5-3 35.1 8
3 5 10 シュヴァルグラン 牡5 57 ボウマン ハナ 8-8-8-8 34.8 3

2016年有馬記念

2016 有馬記念



馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り
1 6 11 サトノダイヤモンド 牡3 55 ルメール 2:32.6 4-3-3-3 35.5 1
2 1 1 キタサンブラック 牡4 57 クビ 2-2-2-2 35.8 2
3 1 2 ゴールドアクター 牡5 57 吉田隼 1/2 3-3-3-3 35.7 3

2015年有馬記念

2015 有馬記念



馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り
1 4 7 ゴールドアクター 牡4 57 吉田隼 2:33.0 3-3-5-3 34.8 8
2 5 9 サウンズオブアース 牡4 57 M.デムーロ クビ 3-3-5-6 34.7 5
3 6 11 キタサンブラック 牡3 55 横山典 3/4 1-1-1-1 35.1 4

2014年有馬記念

2014 有馬記念



馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り
1 2 4 ジェンティルドンナ 牝5 55 戸崎 2:35.3 3-3-3-2 34.1 4
2 3 6 トゥザワールド 牡3 55 ビュイック 3/4 7-7-6-7 33.8 9
3 7 14 ゴールドシップ 牡5 57 岩田康 ハナ 11-10-6-5 33.9 1

 

お気づきの方も多いかと思いますが、シュヴァルグラン、キタサンブラック、ゴールドアクター、ゴールドシップと毎年のようにリピーターが好走しているレースとなっています。

有馬記念に強い種牡馬

フランケル – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=84632735による

過去5年の有馬記念の結果を見たところで、3着以内馬の父を見てみます。

  • ディープインパクト(2,0,0)
  • ブラックタイド(1,1,1)*
  • スクリーンヒーロー(1,0,1)*
  • ハービンジャー(1,0,0)
  • キングカメハメハ(0,2,0)
  • マンハッタンカフェ(0,1,0)
  • ネオユニヴァース(0,1,0)
  • ハーツクライ(0,0,2)*
  • ステイゴールド(0,0,1)

2回以上馬券に絡んだ種牡馬のうち、複数の馬が3着以内に入っているのは、ディープインパクトとキングカメハメハだけでした。

リピーターが多いレースなので、過去5年では得意な種牡馬の傾向は判断し辛いというのが実情です。

レースの幅を広げてリサーチした、中山競馬場の芝2500mの血統傾向は、こちらの記事でまとめています。

有馬記念の舞台、中山競馬場の芝2500mに強い血統を探す
年末の風物詩と言える有馬記念が行われるのが、中山競馬場の芝2500m。 チャンピオンディスタンスと呼ばれる2400mより100m長く、かつコーナーが6回あるため適性が問われるコースと言えます。 G1の有馬記念の他、G2日経賞の舞...

有馬記念に相性の良い血統

先ほどは、父親だけで血統を見てみましたが、有馬記念を好走する上で、ポイントとなりそうな血を探してみます。

サンデーサイレンスの血

日本で生産されているほとんどの馬に、サンデーサイレンスの血が流れているので、参考になるか微妙ですが、過去5年の3着以内馬10頭中、サンデーサイレンスを持っていない馬はレイデオロ1頭だけでした。

過去10年に広げても、あと1頭エイシンフラッシュがいるだけなので、ダービー馬以外でサンデーの血を持っていない馬は軽視しても良いかもしれません。

ノーザンダンサーの血

こちらも多くの馬が持っているので、取捨が難しいですが、過去5年の3着以内馬のすべてがノーザンダンサーの血を持っていました。

その中でも注目したいのは、ダンジグ。別々の系統から、この血を引いた4頭が馬券に絡んで3勝を挙げています。

ミスタープロスペクターの血

この血も多くの馬が持っているので、参考になるか微妙ですが、気になったのがミスタープロスペクターの血。2014年~2017年の4年間では、1頭しか馬券圏内に入っていませんでしたが、2018年は3頭すべてが、ミスプロの血を持っていました。

これまで、ミスタープロスペクター系の種牡馬が優勝したことが無いレースなので、得意な条件では無さそうですが、馬場傾向が変わってきているのか、気にしたい要素です。

まとめ

今回は、過去5年の有馬記念から相性の良い血統をさぐってみましたが、

リピーターが強い!

という傾向が出ただけという感じになりましたね……。個人的には、中山芝2500mの上級戦で強い血統を拾いながら、リピーターの取捨を考えていこうかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました